×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

R・E・I・T・A・I・K・E・N 怖い話

私たちは、なぜ、このような不思議な体験をするのでしょう。
幽霊をみることができる人もいれば、まったく見ることのできない人もいる。
霊感が強ければ見られると言われていますよね。
実際霊感が強いほど、霊体験の数も多いです。
を見ることのできる人にも、その見られる度合いが変わるそうです。
見える人は、霊体を人間と間違えるほど、普通に見えると言います。
誰もいないのに、誰かと話している人を見かけたら要注意!
そこには、あなたにはみえないものがいるのかもしれません。

--霊体験とは?--  KOWAI KOWAI*

心霊体験」をしたことがありますか?
私ももともと「」の存在は、信じていませんでした。
しかし、「霊感」の強い友達と行動していた私は、その感覚に目覚めてしまいました。
決して、を見たいと思ったことはありませんし、話したいと思うこともありません。どちらかというと、怖いものは苦手なほうですから。
でも、霊感が強くなることをきっかけに、が見えるようになり、さらに、と会話することもできるようになってしまいました。
そのの感情が強いほど、そのは、はっきりと見えてしまう。
なんとなく、そのが思っていることをわかるようになったのも、それからすぐです。
は、言葉で訴えてくるのではなく、感情を流し込んできたり、頭に思念をぶつけてきたり、人それぞれならぬ、それぞれです。

」とは、いったい何なのでしょうか?
きっと、何かを伝えたくて、その場にいるのかもしれません。
そして、その思念をわかってくれる、代弁してくれる人を探しているのかもしれません。
誰かに、伝えたいことがあって、その場にいるのかもしれません。
いろいろな思いがあって、彼らは、その場にとどまり、自分がなくなったこともわからず、そこにいるのです。
良い霊もいるし、悪い霊もいる。

そして・・・あなたの背中にも何かがいるのかもしれません。あなたが気づかないだけで・・・。

もしも!?心霊体験をしたら!

心霊体験をした後、身体がなんとなく、重かったり、いつもとは違う感じがしたなら、危険かもしれません。
最近こんなことはありませんでしたか?

・廃屋や事故現場・お墓などへ行った。
・子供や家族に霊がみえたと言われた。
・イライラした人がそばにいる。
・ホラー映画・番組を見ている。
・悪い事が起こりそうな予感がする。
・誰もいないのに冷たい視線を感じる。
・人の気配を感じるがする、または後ろにいる気配する。
・風邪をひいているわけではないのに、悪寒がする。


自分でもおかしいなと思う時は しっかり除霊を行いましょう。

簡単な除霊方法

何かがいる時の対処法として、簡単な除霊方法を教えましょう。
肩をそれぞれ3度払います。そして、背中をポンっとたたく。
ただし!強い霊の場合は、きちんとしたところで、除霊すべきです!
この方法での除霊は、あくまでも素人がやるものですから、確実に除霊できるという保障はどこにもありません。
身体の一部が動かないときは、鈴を鳴らしてみてください。
彼らは、鈴の音を嫌がるらしく、すぐに解き放ってくれるはずです。
これは、私が実際に、何か起こったときにする方法です。
何もしないでいるよりは、いいかもしれませんね。
除霊をするには、「成仏してください」という、あたたかい心が大切ですよ。
しかしながら、除霊を行うことで、逆に問題を起こす場合もあります。
何か起こる前に、そういう場所に安易に足を踏み入れないことが1番大切なことなのです。

心霊体験後の怖い話

それが本当かどうかは、わかりませんけど、ある心霊スポットに行ったうちの1人が、帰ってきてから妙な行動を起こすようになったというんです。
自害するという行為を何度もするそうなんです。話しかけても、きちんとした答えは返ってくることがなく、何を言っているのかさえもわからない。
ただ、特別に、何かを見ると怖がったりするなどから、周りの話では、がとりついてしまったのではないか?といわれています。
結局、その後、精神病院へと強制的に入院させることになり、その後どうなったのかは、わかりませんが、実際にそういった知り合いがいる友人がいます。
私には、がみえるわけじゃないから、大丈夫。と、心霊スポットに、遊び半分で足を踏み入れると、こういうこともあるんです。
他の友達には、やはり心霊スポットに行ったあと、車の車体に人の手形がついているのを発見しました。その手形は、洗っても、洗っても、キレイに消え去ることはなく、結局車を売ってしまうことにしたそうです。その時、消えないのなら!といって、車体の色も塗装しなおしたのですが、なぜか・・数日経つと、同じところに、同じ手形ができると。自分に危害を加えなかった時、一緒に行った仲間や車なども確認するのがいいかもしれませんね。




怪談百物語

仲のいい友達同士でお祭りが終わった後の神社の前で、怖い話をしようということになりました。
何人がそこにいたのかは、わかりませんが・・・1人1人が、怖い話をしていったそうです。お祭りが終わった後なので、時間も真夜中を過ぎています。
そんな中、もうそろそろ、百話になりそうだなと思う頃、
突然!!頭上に何かがふってきたんです!
そこにいた仲間は、みんな思い思いの方向に逃げました。
しかし・・・そこには、何も落ちてきた形跡がないのです。
でも、話していた仲間同士は、「何かが落ちてきた!」「何かがふってきた!」と口々に話しています。
結局、そのまま怖いということで解散になりました。時間は2時でした。